人間の漢字

※ 漢字をクリックすると拡大して表示されます

性質

漢字 読み ヒント
偉丈夫 いじょうふ 立派な身体つきの男性
猛者 もさ 亡者ではありません
女傑 じょけつ 男顔負けの勇ましい女性
別嬪 べっぴん 美人さん
細君 さいくん 自分の妻を謙って言う言葉
御内儀 おないぎ 他人の妻を敬って言う言葉
手弱女 たおやめ たおやかな女性
好々爺 こうこうや 優しいおじいさん
唐変木 とうへんぼく 融通の利かない偏屈な人
朴念仁 ぼくねんじん 頭が固く物分りが悪い人
昼行燈 ひるあんどん 間の抜けたぼんやりした人
素寒貧 すかんぴん 極めて貧乏な人のこと
好事家 こうずか コレクターなどもこれにあたるでしょうか
空者 うつけもの 愚か者のこと。若い頃の織田信長が言われます
傾奇者 かぶきもの 奇抜な格好や言動の人のこと。前田慶次が代表的
数寄者 すきしゃ 風流な人のこと。とりわけ茶人を指すことが多い
許嫁 いいなずけ 幼少の頃から親によって決められた結婚相手
不束者 ふつつかもの 結婚の挨拶の定番的
美人局 つつもたせ ハニートラップ的な
気障 きざ フッ
剽軽 ひょうきん オレたち剽軽族
御侠 おきゃん お茶目な女の子
御転婆 おてんば 御転婆姫の冒険
素頓狂 すっとんきょう 要するに間抜けのこと
暢気 のんき 暢気くんという漫画がありました
埴猪口 へなちょこ ダメダメな奴
為体 ていたらく ダメダメな状態
破廉恥 はれんち 本来は恥知らず的な意味
初心 うぶ 破廉恥なシーンでぶわっと鼻血を出します
幼気 いたいけ 幼気な少女
無垢 むく 純粋なこと。元は仏教用語
助平 すけべえ ラッキーな奴も多いです
腕白 わんぱく たくましく育ってほしい
急勝 せっかち 先へ先へと急ぎます
鉄面皮 てつめんぴ ほぼ厚顔無恥と同じ
華奢 きゃしゃ こんな女性は守ってあげたい
猪口才 ちょこざい 猪口才な!
小忠実 こまめ こういう男性はモテます
吝嗇 けち こういう男性はモテません
御老成 おませ 大人びた子供のこと。老成ガキ
依怙地 いこじ 頑固な人のこと
業突張 ごうつくばり 頑固で欲張りな人のこと
磊落 らいらく こまけぇこたぁいいんだよ的な性格
蟒蛇 うわばみ 大蛇のように酒をたくさん呑む人
莫迦 ばか 悪口の代表格その1
阿呆 あほう 悪口の代表格その2
自棄 やけ ヒステリー的な状態
我儘 わがまま 愛のままに我儘に
陸でなし ろくでなし 越路吹雪さんの名曲。アーウィ!

部位

漢字 読み ヒント
旋毛 つむじ 2つある人もいるとか
御凸 おでこ 加齢とともに広がることも
蟀谷 こめかみ 米を噛むときに動きます
眉毛 まゆげ 繋がっている人もいます
まぶた 心地良いと重くなります
睫毛 まつげ 女性のほうが長いイメージ
まなじり ここの皺を「カラスの足跡」と言います
耳朶 みみたぶ 厚いとお金持ちになれます
うなじ 女性のここに弱い男性は多いです
しわ この数だけ想い出があるのです
黒子 ほくろ 場所によっては容姿の武器に
雀斑 そばかす 想い出はいつもキレイだけどそれだけじゃお腹が空きます
えくぼ これができる人はエッチだとかなんとか
味蕾 みらい 味覚を感じるセンサー
親不知 おやしらず 抜くときは一大事
あご 割れている人もいます
おとがい 顎の先端のこと
ひげ 高齢になったら本格的に伸ばしたい
ひじ エルボー
てのひら 簡単に返してはいけません
おやゆび 拇印という言葉で考えるとわかるかも
あばら 全部で24本ある胸部の骨
鳩尾 みぞおち 飲んだ水が落ちる場所ということから
はらわた 腹が立つと煮えくり返るところ
へそ 雷が鳴ったら隠しましょう
臀部 でんぶ お尻のこと
すね 弁慶の泣きどころ
脹脛 ふくらはぎ こむら返りが起こるところ
くるぶし 正座をする人には胼胝ができます
かかと 諺にある通り「きびす」とも読みます

その他

漢字 読み ヒント
くしゃみ 大魔王
欠伸 あくび 大魔王の娘
吃逆 しゃっくり 止める方法は諸説あり
眩暈 めまい くらっ
いびき たまに自分ので目が覚めます
うがい ガラガラガラ…
よだれ 瞼が重くなるとこいつが発生
ためいき 幸せが逃げてしまいます
おくび 出してはいけません
こぶ ラクダやお爺さんにあります
面皰 にきび 本気で治したい人はクレアラシル
あざ よく勇者の証とかに
胼胝 たこ 8本足ではありません
浮腫 むくみ 美容の大敵
あかぎれ 冬の水仕事の大敵
瘡蓋 かさぶた 剥がしてはいけません